玉砂利を置いておくだけで防犯効果がグッとあがる

砂利

伝統的な防犯対策です

玉砂利は昔から行われている伝統的な防犯対策になります。庭に敷き詰めた白石や黒石は枯山水のように情緒のある印象を与えます。そして、人が侵入すると玉砂利を踏む音が住まいの人に響くことで侵入を察知することができます。

砂利

防犯対策になる砂利の効果

庭付きの一戸建て住宅を購入したら、玉砂利を使ってガーデニングをすると防犯対策になります。玉砂利は踏むと音が出るので、空き巣や泥棒除けになります。防犯砂利というのもありますが、玉砂利は見た目も美しいので、色々な色の石を使うと美観を損ねないで防犯対策ができます。雑草を抜いてから敷き詰めるのがコツです。

防犯

砂利を使って防犯対策

玉砂利の基本的な使い方はまず防草シートを敷いて、その上に敷き詰めるようにすると草の成長を阻害することもできておすすめです。砂利が存在するだけで侵入を諦める泥棒も存在するので、まだ使っていない場合はまず玉砂利を庭などに敷き詰めましょう。

音が大きく防犯に便利

庭

敷き詰めで注意すること

玉砂利は踏みつけると意外と大きな音を立てるので、庭に敷いて防犯に役立てる家庭も増えてきています。じゃあ、安上がりだし庭があるから敷いてみようと気軽に手を出す人もいますが、適当に玉砂利を広げただけでは無駄になることもあるため注意しましょう。庭などの特定の場所に玉砂利を敷く場合は、まず雑草の除去をしておかなければいけません。これをせずに敷き詰めていくと、そこら中に雑草が顔を出し見た目が悪くなるほか、草が音を吸収して防犯にも役立たなくなってしまいます。しっかり雑草を除去したら、下地を固めて土が浮いてこないようにしましょう。理由は雑草と同様で、砂利の間に土が交ざると音が出なくなるためです。また、雑草はどこからでも生えてくるため、二度と生育できないよう市販の遮光シートや除草シートを敷き詰めましょう。ここまで下準備が整えば、後は玉砂利を敷いていくだけですが、問題はどの程度の量が必要になるかを考えなくてはいけません。下地が見えるほど薄いと意味がなく、敷きすぎると隙間から落ち葉や塵が入り込み、雑草の土台になってしまいます。敷き詰める高さは最低でも3cm以上、最適なのは玉砂利の大きさにもよりますが5cmは欲しいところです。その高さを維持するためにも、最初の土台作りで調節することが必要になってきます。砂利が大きいと隙間が多く、後の掃除にも影響があるので、使用する砂利はなるべく小さなものが良いでしょう。最適なのは1cm前後、隙間を作りにくく箒でも掃除が楽になります。