玉砂利を置いておくだけで防犯効果がグッとあがる

砂利を使って防犯対策

防犯

費用対効果の高い防犯砂利

住宅や店舗などの防犯対策を確実に行いたいならば、まずは鍵をしっかりかけることを意識し、その次に防犯用の玉砂利を使うといいでしょう。玉砂利を敷き詰めるというのは単純で確実な防犯効果を発揮するのです。玉砂利のあるところを踏むと音がしますが、これによって侵入者を阻止することができます。カメラやセンサー類などの機械設備を導入するよりも安く、長期的な効果を発揮するのです。侵入する泥棒などからするとこうした音が鳴ってしまう地面というのはとても厄介といえます。侵入は主に夜に行われますが、見えない地面にこうした音が鳴る仕掛けが施されているというのは大きな効果を発揮するのです。玉砂利を設置しているというだけで侵入を諦める泥棒なども存在するので、侵入を予防するという意味で、大きな意味を持つといえるでしょう。ただ、玉砂利を敷き詰める前に草の生長を抑制する防草シートをあらかじめ敷いておくのがおすすめです。雑草が生えてくるのを防ぐので、長く玉砂利を使い続けることができ、除草の手間が省けます。草に悩んでいる場合でも玉砂利を使うのはおすすめといえるでしょう。施工業者に依頼する場合はこうしたシートの使用なども一緒に依頼すると確実な施工ができます。自分で行うこともできなくは無いですが、小さな庭でもかなりの重労働となるので無理は禁物です。防犯対策を考えている場合で、まだこうした砂利の使用を行っていない場合は早めに実行しておきましょう。