玉砂利を置いておくだけで防犯効果がグッとあがる

防犯対策になる砂利の効果

砂利

景観と防犯を両立させる

庭付きの一戸建て住宅を購入した場合は、砂利を敷き詰めることで防犯効果を出すことができます。空き巣などの不審者が庭に侵入した時に、防犯用の砂利を踏むと音がします。空き巣や泥棒は音に敏感なので、防犯砂利はかなりの効果が期待できます。砂利の中でも特に人気が高いのが玉砂利です。玉砂利は見た目にも美しいので、美観を損ねずに防犯効果を高めることができます。玉砂利を敷く場合に気をつけることは、空き巣や泥棒が通りやすい箇所に敷き詰めるという点です。またぐことができないぐらいの幅に分厚く敷き詰めるのがコツです。玉砂利はそれほど高価ではないので、安い費用で防犯効果を得られます。敷き詰める前に雑草などを抜いてキレイにしておく必要があります。雑草が生えてしまうと玉砂利と玉砂利の間に雑草が入り込み、音が出にくくなるのです。それを防ぐためには雑草を抜いてから敷き詰めるのがポイントです。玉砂利は一般の砂利よりも粒が大きくて重いので、踏みしめた時の音も大きくなります。色の種類もたくさんあるので、デザイン的な効果を考えて敷き詰めると美観的にも引き立ちます。家の雰囲気に合った色を選ぶことが大切です。特にガーデニングを趣味としている場合は、色々な色の玉砂利を使うことによって個性ある庭造りが楽しめます。このように防犯効果と同時にガーデニングの楽しみにもなるのが玉砂利の特徴です。空き巣や泥棒は砂利の防犯効果を知っているので避けて侵入します。それを防ぐためには死角となる場所にも敷き詰めることです。